鉄塔関連部品
ホーム > ISKの製品 > 鉄塔関連部品
商品案内
写真:鉄塔

昭和5年、創業者 石川勝治が、高圧送電線路用ボルト・ナットに溶融亜鉛めっきを施すことを研究・開発し、約70年 鉄塔の一部分として組込まれてきました。
耐錆性に秀れていることや、最高の設備・技術による生産システムと品質保証システムが評価されていると考えています。

写真:鉄塔2
製品
現時点における ボルトサイズは、基礎部分で~φ95、上部部分で、~φ42、材質・強度仕様では、鉄塔協会旧規格の SS41・SS50・SCR440 ・SCM435 新規格の4.6・5.8・6.8・9.8(一部10.9)です。
また、鉄塔用付属部品も認定を受けて、対応しています。
写真:六角ボルト六角ボルト 写真:フランジボルトフランジボルト 写真:ステップボルトステップボルト
製品写真4各種ボルト・ナット類
主な納入実績
  1. 各電力会社様
  2. 大型幹線工事等
  3. 携帯電話用無線鉄塔など